青汁の有効成分

青汁の有効成分とは

青汁とは野菜のこと。
青汁の成分といえば野菜の成分だといっても過言ではありません。
野菜に入っている成分を丸ごと使って作られた健康食品ですから、有効成分も野菜に含まれる成分のことを指しています。


簡単にいえば野菜の栄養を損なわないように粉末にしたものと考えると早い。
食物繊維やビタミン、ミネラルなど全野菜に共通して入っている成分は、青汁に含まれているものだと考えて下さい。


青汁は主に3種類の野菜を使用して作られています。
代表的な3種類の野菜といえば、大麦若葉、ケール、明日葉です。
例えば大麦若葉には野菜に含まれる栄養がバランスよく入っていて、特に活性酵素を除去する働きを持つ、オキシドジスムターゼ酵素という成分が含まれています。
美肌に良いとされ、アンチエイジング効果も期待できるでしょう。


ケールにはすべての栄養素がバランスよく、その他の野菜よりもふんだんに含まれています。
明日葉は、カルコンという成分が有名です。
セルライト除去効果や美肌効果が高いと言われています。


このように、青汁の有効成分は野菜の中でも、普段食卓に並ぶであろう野菜より体に良い成分がたくさん含まれています。
ゴーヤは体に良いと言われていますが、もちろん青汁にもゴーヤが入っています。
青汁に共通している有効成分の効果といえば、抗菌作用や血行促進効果。


抗発がん効果もあると言われているので、毎日積極的に飲む方が増えています。
緑黄色野菜を毎日食べるのは大変良いことです。
野菜嫌いの方もいれば、進んで食べようとしているがどの野菜を食べたら良いのかわからないという方も多いでしょう。
そういった方に青汁はおすすめです。


当サイトでは青汁の効果や味から、どういった青汁を選べば良いかを紹介しています。


Copyright © 2014 青汁の有効成分 All Rights Reserved.